電動歯ブラシを子供が使う場合いつから使うべきか

電動歯ブラシって便利ですよね。手を動かさなくても勝手に動いてくれて、電動歯ブラシの種類によっては非常に綺麗に磨くことが出来ます。では子供の場合、いつから電動歯ブラシを使うのがいいのでしょうか?理由とともにまとめていきます。

年齢にもよるが問題ない

そもそも電動歯ブラシを子供が使っていいのかという問題なのですが、年齢によってはむしろ使った方がいいと言えるでしょう。

電動歯ブラシを使った方がいい理由としては、以下のページをご覧ください。

電動歯ブラシを使うメリットとデメリット

しかしあえて「年齢によっては」と書いているように、いくつかの条件があります。

乳歯が生えそろっている

乳歯が全て生えそろっていない口の中は電動歯ブラシで磨くと傷つけてしまう恐れがあります。

ですので、最低限として乳歯が生えそろっているという条件は持ちわせておきましょう。

子供が電動歯ブラシを使うことによるデメリット

子供が電動歯ブラシを使うことによるデメリットとしては、以下が挙げられます。

  • 歯茎を傷める恐れがある
  • 電動歯ブラシを上手く扱えない
  • 機械音や振動による恐怖

歯茎を傷める恐れがある

電動歯ブラシ 歯茎を傷める

電動歯ブラシは絶えず高速で振動を続けます。

ですので、歯以外の部分に当てると少し違和感を感じたり、ちょっとだけ痛かったりします。

そんな電動歯ブラシを歯茎に直接当ててしまった場合、歯茎が痛んでしまう可能性があります。

電動歯ブラシを上手く扱えない

電動歯ブラシを上手く使えない

電動歯ブラシは普通の歯ブラシに比べて重量がありますので、まだまだ力の弱い子供では上手く扱えないかもしれません。

無理に磨こうとすると腕や手もしんどいですし、歯磨きの基本は丁寧に磨くことなので、そんな状態で丁寧に歯磨きが出来るとは思えません。

機械音や振動による恐怖

電動歯ブラシへの恐怖

子供に歯磨きを習慣付けるためには、「歯磨きは楽しいものだ」と思わせる事が大切です。

しかし電動歯ブラシは、普通の歯ブラシと違い機械音や異物感が強いので子供が怯えてしまう恐れがあります。

歯医者を嫌がる子供って多いですよね、子供が人見知りってこともあるかもしれませんが、あれは歯医者の機械音に怯えている場合が多いです。

電動歯ブラシによって歯磨きに怯えてしまうと、これから生きていく上で大変になっていきますので、それだけは避けたいところです。

おわりに

今回の話をまとめますとこうなります。

        • 乳歯が完全に生えそろっているなら電動歯ブラシを使っても大丈夫
        • 電動歯ブラシを上手く扱える、電動歯ブラシに怯えないことが条件

結局はどの歯ブラシを使うかよりも、「どれだけ丁寧に歯を磨くことが出来るか」ということが重要になってきます。

結局のところそれだけ気をつければ、電動だろうと普通の歯ブラシであろうと関係ありません。



ホワイトニング歯磨き粉で笑顔が素敵なモテ顔にトップへ戻る



効果の高いホワイトニング歯磨きを探しているなら

もし、あなたが本当に効果の高いホワイトニング歯磨き粉を探しているならオーラパール(OraPearl)がおすすめです。

9つの有効成分があなたの口をトータールサポートしてくれます。

※鶏卵アレルギーの方はお控えください。

「オーラパール(OraPearl)」公式サイト⇒OraPearl(オーラパール)

フェイスブックページも良ければどうぞ



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ