歯磨き後の口の「すすぎ」は1回がおすすめ | 理由と方法

歯磨き粉を付けて歯磨きをした後に、ブクブクと何回も口をすすでいる人はいませんか?歯磨き後の口「すすぎ」は1回がおすすめです。その理由と方法ついてまとめていこうと思います。

すすぎは1回が正しい理由

歯磨き後のすすぎの回数は1回がおすすめの理由には「フッ素」というキーワードが重要になってきます。

フッ素とは、多くの歯磨き粉に含まれており、虫歯予防や歯を丈夫にする働きがある成分です。フッ素入りの歯磨き粉を使った歯磨き後の歯は、フッ素のコーティングに包まれます。

しかし、フッ素のコーティングは短い時間ではしっかり歯に沈着してくれないので、長時間保持する必要があります。その為、フッ素が沈着する前に、繰り返し何度も口をすすぐとフッ素のコーティングがはがれてしまいます。

その為、口をすすぐのは1回がベストだと言われています。

正しいすすぎ方法

1回といっても人によって、その1回も違ってきます。どのような方法で口をすすげばいいのでしょうか?

歯磨き後の口すすぎの順序的にはこうなります。

 

  1. 歯磨き後、まず口に含んでいる歯磨き粉を吐き出します。
  2. 歯磨き後の口すすぎに必要な水はおよそ10mlです。※成人している方ならもう少し多くても大丈夫です。
  3. その水を口に含み、30秒程度ブクブクとすすいでください。
  4. 水を吐き出して口すすぎは終了です。

 

口すすぎのポイントとしては、「あまり多くの水を含まないこと」です。上では10mlと書いていますが、これはコップに水を入れて1センチ程度の量です。

また、知覚過敏など「冷たい水ではしみる」という方は、少しぬるめのぬるま湯を使い口をすすぐようにしましょう。それだけで、しっかりと丁寧な口すすぎが出来るようになります。

※口をすすいでから1・2時間は何も口にしない方がいいと言われています。

おわりに

歯磨きは最後に口をすすぐまでが大切です。どれか1つでも疎かに、正しく出来ていないと「正しい歯磨き」が出来たとは言えません。しっかりと正しい歯磨き方法を身に付けていきましょう。



ホワイトニング歯磨き粉で笑顔が素敵なモテ顔にトップへ戻る



効果の高いホワイトニング歯磨きを探しているなら

もし、あなたが本当に効果の高いホワイトニング歯磨き粉を探しているならオーラパール(OraPearl)がおすすめです。

9つの有効成分があなたの口をトータールサポートしてくれます。

※鶏卵アレルギーの方はお控えください。

「オーラパール(OraPearl)」公式サイト⇒OraPearl(オーラパール)

フェイスブックページも良ければどうぞ



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ