歯の黄ばみ(着色)の原因となる食べ物とその理由

歯の黄ばみの原因となる食べ物は世の中に多く存在しています。その中には美味しい食べ物であったり、体に良い食べ物であったり、様々あるでしょう。でも、「歯の黄ばみ」という1点において、それらの食べ物は悪影響を及ぼします。今回は、それらの食べ物となぜその食べ物で歯が黄ばむのか、理由についてもまとめていきたいと思います。

黄ばみの原因となる食品

ポリフェノール系

赤ワイン、チョコレート、お茶、紅茶、ソバ、大豆、etc.

抗酸化作用や脂肪燃焼作用を要するポリフェノールですが、歯の黄ばみという点においてはよろしくありません。お茶に含まれるカテキンや、大豆に含まれるイソフラボン、ソバに含まれるルチンなどもポリフェノールの一種です。

硫黄系

玉ねぎ、ネギ、にんにく、にら、大豆、etc.

硫黄を多く含む食べ物も歯の黄ばみの原因と言われています。少し匂いが強いような食べ物に含まれている傾向がありますね。

カフェイン系

コーヒー、コーラ、お茶、紅茶、ココア、チョコレート、栄養ドリンク、etc.

カフェインを多く含むコーヒーや紅茶なども歯の黄ばみの原因となります。またカフェインには中毒性があるので、よくこれらの食べ物を口にする人は注意が必要です。

色の濃い食べ物

カレー、ビーフシチュー、キムチ、チャンジャ、etc.

いかにもという食べ物が並びましたが、色の濃い食べ物も歯の黄ばみの原因となります。色の濃い着色料はすぐに歯に着色すると言われており、歯の黄ばみの天敵と言われております。

アルコール系

アルコールは歯の表面から水分を吸収すると言われており、歯に汚れが付きすい状況を作り出してしまいます。お酒(特に先ほどもあがったワインなど)が大好きな人は注意が必要ですね。

その他

食べ物ではないのですが、たばこの「ヤニ」も歯の黄ばみの原因の代表物です。たばこをふかしながらお酒を飲んでいる方を多く見かけますが、組み合わせとしては最悪と言えます。

「直接」着色するものと「補助」するもの

上記の食べ物を単品で食べても、歯の黄ばみは増していくのですが、「歯が黄ばみやすい組み合わせ」というものが存在しています。実は、食べ物の中には「直接着色するものと着色の補助をする食べ物」が存在しています。直接着色する食べ物を「着色性食品」、補助をする食べ物を「着色補助食品」と言います。

着色補助食品は口内を酸性化するようにしむけてきます。歯のエナメル質はpH5.5(臨界pH)になると成分が溶け出します。その結果、溶け出した歯にカレーなどの着色性食品が付着することで通常よりも歯の着色が強まります。単品でも十分着色するのに、これらの要素が絡むと最悪です。

ですので、食べ物を食べるときはこれらの組み合わせに注意して食べていくようにしましょう。

おわりに

今回の内容をまとめますと、

        • 食べ物を変えるだけで歯の着色をある程度予防できる
        • 食べ物の組み合わせに注意する

食べ物による歯の黄ばみは、内的な要因ではないので自分の行動次第で予防することができます。「白い歯は日常から」という言葉を胸に常に意識して、最終的には無意識でも予防できるようにしましょう。



ホワイトニング歯磨き粉で笑顔が素敵なモテ顔にトップへ戻る



効果の高いホワイトニング歯磨きを探しているなら

もし、あなたが本当に効果の高いホワイトニング歯磨き粉を探しているならオーラパール(OraPearl)がおすすめです。

9つの有効成分があなたの口をトータールサポートしてくれます。

※鶏卵アレルギーの方はお控えください。

「オーラパール(OraPearl)」公式サイト⇒OraPearl(オーラパール)

フェイスブックページも良ければどうぞ



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ