歯ブラシの正しい持ち方についてのまとめ

大人なら自分の歯の予防と子供の教育の為に、子供なら今後の健康な歯を保つために、歯ブラシを正しい持ち方で使用するということは非常に大切なことです。歯を磨くときは、歯をゆっくりと丁寧に磨く必要があるのですが、いくらゆっくりと丁寧に磨けたとしても、それが正しい歯ブラシの持ち方でないと効果は薄くなります。ということで、今回は歯ブラシの正しい持ち方についてまとめていこうと思います。

歯ブラシの持ち方には2種類ある

基本的に歯ブラシの持ち方には、2種類存在しています。

ペングリップ(鉛筆を持つような持ち方)

ペングリップは言葉の通り、鉛筆を持つように歯ブラシを持つ持ち方になります。ペングリップで歯ブラシを持つと余計な力が入らなくなりますので、

  • 歯ブラシをすぐにダメにしてしまう
  • 力が強過ぎて歯茎から血が出てしまう

このような方には非常におすすめの歯ブラシの持ち方になります。

磨く力が強すぎると歯の表面のエナメル質や歯茎を傷めてしまい、歯を磨いているのにもかかわらず歯が痛んでしまうという逆の結果になってしまうので、特に若い人にはおすすめの歯ブラシの持ち方になります。

パームグリップ(手のひらで持つ持ち方)

パームグリップは言葉の通り、パーム(手のひら)で歯ブラシを持ち持ち方になります。

老人さんや力の弱い方は前述のペングリップでは思うように磨くことが出来ないと思いますので、パームグリップがおすすめです。ただ、細かい動きを不得意とする歯ブラシの持ち方なので、そういう部分に関しては先ほどのペングリップの持ち方に切り替えるのが最適です。

おわりに

小さい頃に歯の正しい磨き方を教われば大人になってから矯正しなくても済みます。ですので、小さいお子さんがいるという方は、今のうちに正しい歯ブラシの持ち方を教えて健康な歯を残せるように教育しましょう。また、大人の方でもこれから歯ブラシの持ち方を意識するだけで、全然変わってきます。もう手遅れだと思わず、しっかり矯正していきましょう。



ホワイトニング歯磨き粉で笑顔が素敵なモテ顔にトップへ戻る



効果の高いホワイトニング歯磨きを探しているなら

もし、あなたが本当に効果の高いホワイトニング歯磨き粉を探しているならオーラパール(OraPearl)がおすすめです。

9つの有効成分があなたの口をトータールサポートしてくれます。

※鶏卵アレルギーの方はお控えください。

「オーラパール(OraPearl)」公式サイト⇒OraPearl(オーラパール)

フェイスブックページも良ければどうぞ



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ