朝に歯磨きをすると吐き気がする人は病気かも | 原因について

朝、歯磨きをしていて吐き気がする感覚に襲われたことがありませんか?そういう体質として片づけると簡単ですが、本当は何か別の原因があるかもしれません。歯を白くするためには、歯磨きは必須なので出来る事ならそのような感覚はなくさなければいけません。ということで、今回は「歯磨きをすると吐き気がする原因」についてまとめていきます。

原因

人間の生理的反射

どうしての歯磨きをしていると吐き気がするのか?これは人間が誰しも持ち合わせている、嘔吐反射が原因です。

嘔吐反射とは、喉の奥の方の柔らかい部分に何か異物が当たると反射的に吐き出そうとうする反応のことです。この嘔吐反射が強い人は、歯磨きを奥まで突っ込まなくても吐き気を催すことがあるというものです。

またこの嘔吐反射は癖になりやすいと言われているので、何度も何度も繰り返して起こしていると非常にマズいです。十分に注意しましょう。

病気

嘔吐反射が原因の場合ももちろんあるのですが、病気が原因の場合も考えられます。

暴飲暴食を繰り返し胃や肝臓に負担をかけている人、肝炎や胃がんなど何かしらの病気を胃や肝臓に抱えている人は、歯磨きの際吐き気を催しやすいです。またストレスが溜まっている場合も吐き気を催しやすいので注意が必要です。例として吐き気の症状が出やすい病気をいくつか挙げておきます。

肝炎、胃がん、胃炎、逆流性食道炎、膵がん、肝がん、etc…

病気での吐き気の場合、反射とは違い治療しないといけませんので、病院にかかることをおすすめします。

タバコ

ホワイトニングの敵であるタバコも、吐き気の原因になります。

タバコに含まれているニコチンには嘔吐作用がありますので、タバコを吸っている人の喉は非常に過敏な状態になっています。そんな状態の喉に歯ブラシという異物が混入してきたら、吐き気を催すのは当然のことです。

対処法

上記の様な原因で歯磨き中に吐き気を催します。ではそれらに対する対処方にはどのようなものがあるのでしょうか?

小さめの歯ブラシを使う

ヘッドが小さめの歯ブラシを使うことで、嘔吐反射を感じにくくなります。異物感がない程度のサイズの歯ブラシに変更してみましょう。

病気を治す

当然のことですが、先ほど書いたような胃や肝臓の病気を治すことが重要です。これは外的な要因ではないので、どれだけ外からアプローチしても効果がありません。早急に病院に行き、治しましょう。

タバコをやめる

こちらの当然ことです。タバコはホワイトニングに関しても大きな敵ですので、「百害あって一利なし」です。

おわりに

歯磨きするごとに吐き気があると歯磨き事態に恐怖心を持つ恐れがあります。それでは白く綺麗な歯を手に入れることが出来ませんので、絶対に治す必要があります。また、もし吐いて知った場合、口内が強烈な酸性に見舞われるので歯に大きなダメージを負ってしまうことにもなります。早急に対処しましょう。



ホワイトニング歯磨き粉で笑顔が素敵なモテ顔にトップへ戻る



効果の高いホワイトニング歯磨きを探しているなら

もし、あなたが本当に効果の高いホワイトニング歯磨き粉を探しているならオーラパール(OraPearl)がおすすめです。

9つの有効成分があなたの口をトータールサポートしてくれます。

※鶏卵アレルギーの方はお控えください。

「オーラパール(OraPearl)」公式サイト⇒OraPearl(オーラパール)

フェイスブックページも良ければどうぞ



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ