歯磨き粉の適量について

歯磨き粉のCMかなんかで歯磨き粉を歯ブラシの全面いっぱいに付けて、歯を磨いているというCMを見たことがないでしょうか?そんな場面を見て少し疑問に思ったことがないでしょうか?「実際のところ、どれぐらいの歯磨き粉を付ければいいのだろうか?」今回はそんな「歯磨き粉の適量」についての疑問に対して答えを出していきたいと思います。

あまり歯磨き粉は付ける必要はない

結論から言いますと、歯磨き粉は上記のように歯ブラシいっぱいに付ける必要はありません。

歯磨き粉には合成界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウム)やミントなどの香料が含まれています。合成界面活性剤は口内での歯磨き粉の泡立ちを良くするために含まれています。またミントは口の中の爽快感を高めるために含まれています。いつも歯磨きをしていて、何を目安にして「磨けた」と判断していますか?泡立ちや口の中の爽快感(スースーする感じ)で判断しているのではないでしょうか?私も周りの人に聞いてみたのですが、そういう意見を言う人が多かったです。

しかしこれは完全なる間違いです。

泡立ちが多くて口の中が爽快感に溢れていると、磨き残しがあるにも関わらず歯磨きをやめてしまいます。また歯磨き粉には研磨剤(歯の汚れを落とす薬剤)が含まれているので、あまり多くの歯磨き粉を使用してしまうと歯の表面のエナメル質を傷つけてしまいます。エナメル質を傷つけてしまうと、中の象牙質が露出してしまうので歯が余計に黄色く見えてしまいます。

※日本人は欧米人に比べて、象牙質が厚く、エナメル質が薄いので歯が黄色く見えやすくなっています。

これらのことから、現在では小豆1粒分、多くても歯ブラシの3分の1くらいが適量と言われています。これ以上の歯磨き粉の使用は、

  • 歯磨き粉の無駄使い
  • 歯を綺麗にする筈が歯を痛める結果になる

と本来の目的の逆を行く矛盾が生じてしまいます。気を付けましょう。

おわりに

今回の内容をまとめますと、

        • 歯磨き粉を多くつける必要はない
        • 適量は小豆1粒分、多くても歯ブラシ3分の1程度

こうなります。

歯磨きは出来るだけ丁寧に、そして優しく磨いていくように心がけていきましょう。



ホワイトニング歯磨き粉で笑顔が素敵なモテ顔にトップへ戻る



効果の高いホワイトニング歯磨きを探しているなら

もし、あなたが本当に効果の高いホワイトニング歯磨き粉を探しているならオーラパール(OraPearl)がおすすめです。

9つの有効成分があなたの口をトータールサポートしてくれます。

※鶏卵アレルギーの方はお控えください。

「オーラパール(OraPearl)」公式サイト⇒OraPearl(オーラパール)

フェイスブックページも良ければどうぞ



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ