黄色い歯を白くする為に私がしている6つのこと

当サイトの管理人である私が、「黄色い歯を白くすために実際にしていること」について紹介していきたいと思います。以前までは、歯が黄色いことにコンプレックスを感じていたのですが、この習慣を心がけるようにしてから、「歯が白くなった」と言われるようになりましたので、少しでも参考になればと思います。

6つのポイント

黄色歯を白くする

間食をしない

食べ物を食べるのは、朝昼晩だけにして一切間食をしないように心掛けています。

食べ物を食べると、歯に食べかすや汚れが付着するので、特に歯磨きが出来ない外出先などでは気を付けるようにしています。

参考記事⇒出先で歯磨きが出来ない時の対処法

家でも出来るだけ間食は控え、少しでも歯が汚れる確率を軽減しています。

時間に余裕を持たす

時間に余裕がないと、歯磨きを疎かにしてしまったり、簡単な食事で済まそうとします。

歯磨きは出来るだけ丁寧にする方が効果的だし、食事も「ファーストフード」などより、歯に優しい食べ物を食べた方がいいです。

家や外出先での無駄な時間をカットするだけでも、意外と時間は余ってきます。

出来るだけ歯に優しい食べ物を食べる

カレーや炭酸、キムチやコーヒーなどより歯に優しい(黄ばまない」食べ物を積極的に取るようにしています。

直接口の中に入れる食べ物ですから、最も大切な要因の一つなのではと私は思っています。

歯に優しい食べ物や逆に歯に悪い食べ物についてはこちらの記事を参考にしてください。

歯の黄ばみ(着色)の原因となる食べ物とその理由

歯を一本一本丁寧に磨く

歯を一本一本を丁寧に磨くように心掛けています。

歯磨きを丁寧にするためのアプリを使うようにして、強制的に丁寧に磨いています。

参考記事⇒歯磨き貯金 | 現役歯科医が作った歯磨きが楽しくなる無料アプリ

非常に便利でしかも「無料」で使うことが出来るアプリですので、ぜひお使いになって下さい。

歯ブラシを定期的に取り換える

歯を効果的に磨くためには、効果の高い歯ブラシを使う必要があります。

歯ブラシの毛先が広がってきたり、ボロボロになってきた歯ブラシは捨てるようにして、すぐさま新品に取り換えています。

歯を丁寧に磨くためにも、非常に重要な要因だと思いますので、ボロボロの歯磨きを使われている方はすぐさま取り換えるようにしてください。

ホワイトニング歯磨き粉を使う

ここまでいくつか実際に行っていることを書いてきましたが、ここが最も大きい点かもしれません。

ドラッグストアや薬局で売られている歯磨き粉ではなくて、少し値は張りますが効果があるとされる「ホワイトニング歯磨き粉」を使っています。

そのホワイトニング歯磨き粉の中でも「OraPearl(オーラパール)」という商品を特に好んで使っています。

短期間でも実際に効果が出たと思うほどの商品ですので、今後も使っていこうと思っています。

オーラパール関連記事

おわりに

これら6つが実際に私が気を付けて行っているポイントです。

もしかしたら関係のない事柄も含んでいるかもしれませんが、「歯に気を配っている」だけでも全然違ってくると思います。

今回まとめているすべてのことに気を付けろとまでは言いませんが、頭の片隅にでも置いておいてください。



ホワイトニング歯磨き粉で笑顔が素敵なモテ顔にトップへ戻る



効果の高いホワイトニング歯磨きを探しているなら

もし、あなたが本当に効果の高いホワイトニング歯磨き粉を探しているならオーラパール(OraPearl)がおすすめです。

9つの有効成分があなたの口をトータールサポートしてくれます。

※鶏卵アレルギーの方はお控えください。

「オーラパール(OraPearl)」公式サイト⇒OraPearl(オーラパール)

フェイスブックページも良ければどうぞ



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ